元離宮二条城の見どころを紹介しています。 実際の見学順路と同じコースで、御覧いただけます。
.jpg


世界遺産登録 元離宮ニ条城


★京都観光のおみやげは、こちらから!★


  ・入城時間   8:45 〜 16:00 (閉城17:00)
  ・二の丸御殿  9:00 〜 16:00
  ・休城日
     12月26日〜1月4日、7月、8月、12月、1月の毎週火曜日
                             (休日の場合は翌日)

二条城 最寄の宿泊施設

京都全日空ホテル 京都国際ホテル

織田信長の二条城(旧二条城跡)

 現在の二条城が築城される以前に旧二条城が存在したそうです。 現在の位置より東、京都御苑を含む西側あたりだったそうで、地下鉄烏丸線の工事に際し石垣の一部が発見されました。 旧二条城の石垣(上の写真)は京都御苑の椹木口(さわらぎぐち)を入ってすぐのところに復元されています。(烏丸丸太町交差点を北へ約120m)そして、現在の二条城の中(本丸の西)にも復元されています。
isigaki.jpg

 以下は京都御苑の表示板に書かれている文章です。

推定旧二条城の復元石垣
 京都御苑の一隅を含むこの地に一つの城跡が発見された。それは永禄十二年(1569年)織田信長が、室町幕府最後の将軍、足利義昭のために造った強靭華麗な居城の跡と推定される。
 当時、イエズス会の布教活動をしていたポルトガルの宣教師ルイスーフロイスは、度々工事場を訪れて築城の様子を見聞し、その記録が残されている。
 この築城工事には、日々一万五千人から二万五千人の人役が従事し、居館とする建築物は、法華宗本山であった「本国寺」の荘厳・華麗なものを選び解体し、調度品とともに運び再建した。
 また、濠の石垣構築に際しては、洛中・洛外の石仏・五輪塔・庭石・石灯籠等を手近な所に求め、単なる用材として石垣に積み込んだのである。
 ここにある石垣は、地下鉄烏丸線の工事に伴う発掘調査で丸太町上がるに埋もれていたのを発見したもので、もとは南面していたのを、ここに復元したのである。
 これと同様なものが烏丸椹木町通・下立売通・出水通で発見されており、今も地下に埋もれているのである。  1980年 京都市
hyoujiban.jpg

 この石碑の写真は京都御苑より、下立売通を西へ行った所の平安女学院の敷地の片隅にあります。
sekihi.jpg

京都御所 京都御苑散策記

★京都観光のおみやげは、こちらから!★

二条城観光のヒントになりましたでしょうか?

☆ブログランキングに参加しています。
宜しく御願い致します。

banner2.gif
posted by 二条城 城主 at 18:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。